料理の内容はどうするか

和食か洋食かそれとも中華?

結婚式の料理をどんなものにするかは、勿論新郎新婦の好みで決めても良いのですが、ゲストの年齢層も考慮すると選びやすくなります。 例えば親戚一同が多い結婚式でご年配者が多数集まるのであれば、和食中心の料理にすると良いでしょう。新鮮な魚介類やお寿司などを取り入れた会席料理のような食事であれば、年配のゲストも美味しく食べることができます。 反対に友人など若者が多い結婚式なら、おしゃれなフレンチやボリュームのある中華料理などがおすすめです。ビール以外にもカクテルを用意したりスイーツが充実したコースであれば、若い人たちの満足度も高くなるでしょう。 子供が多い場合はお子さまランチをお願いできるなど、ある程度こちらの希望も聞いてもらえる結婚式場を選ぶのもひとつのポイントと言えます。

式場一押しのメニューを取り入れよう!

結婚式の料理プランは、式場によってさまざまです。地元の新鮮な食材を使った料理に力を入れているところもあれば、高級感溢れるフレンチ料理が自慢の式場もあります。海に近いか山に近いか、式場の立地によっても料理は変わってくるかもしれません。
どんな料理にすれば良いのか悩んだときは、その式場の一番のおすすめメニューを取り入れるようにしてみましょう。名コックがいる料理自慢の式場を選んで、お任せするのもひとつです。
披露宴の料理は、招待されたゲストにとって大きな楽しみと言えます。できれば料理に関しては節約をせずに、おもてなしの気持ちでメニュー選びをしたいものです。美味しい料理を食べることができれば、ゲストの満足度も高くなります。式場一押しのメニューで、精一杯のおもてなしをしましょう。

© Copyright Happy Wedding Hall. All Rights Reserved.