挙式スタイルはどのようなものにするか

やっぱり憧れるキリスト教式

挙式スタイルとして選ぶカップルが最も多いのがキリスト教式です。祭壇に牧師さんがいて、ゲストの前で神様に愛を誓うというスタイルですね。花嫁の衣裳はウエディングドレス、ベールとグローブは必須となります。聖書の言葉や賛美歌を歌うことで式を執り行います。ちなみに、正式なキリスト教徒でなくてもキリスト教式は可能です。
よく似たスタイルですが、神様ではなくゲストに愛を誓うのが人前式です。衣裳に決まりはなく、誓いの言葉もふたりのオリジナルです。キリスト教式はゲストへ背中を見せていることが多くなりますが、人前式はゲストと向き合っている時間が長くなります。式を執り行う場所も自由で、披露宴会場やガーデンなどで執り行うこともできます。

美しき日本の伝統を感じる神前式

日本の伝統的な挙式である神前式も根強い人気があります。花嫁の衣裳は白無垢、打掛が一般的で、角隠しか綿帽子が必須となります。これはキリスト教式でいうベールの役割です。また、昔は正式な花嫁衣装は黒の引振袖でした。ですから、黒引振袖を衣裳に選ぶのでも構いませんよ。新郎は紋付袴を着ることになります。最近は紺色やグレー、白のものも人気ですが、伝統に倣うのであれば黒紋付に縦縞の袴を選ぶようにしましょう。紋付をレンタルする場合、自分の家の紋をシール状で別発注することもできます。 神社で行うことが一般的ですが、結婚式を行えるホテルや専門式場の中には、施設内に神殿がある会場もあります。和装での移動は大変ですし時間もかかりますので、式場内の神殿で行うというのも良いでしょう。

© Copyright Happy Wedding Hall. All Rights Reserved.